CJ's Akina Nakamori Page
SITE SEARCH

 by FreeFind
NEWS
FEATURES
MORE ...
ABOUT THIS SITE
TOOLS
LYRICS: "OISHII MIZU"

おいしい水

作詞 岡部真理子

作曲 朝元浩文

 

金色のグラスの残りを ひと息に飲みほしてたらいい

胸にこびりつく やさしい誰かの毒を流すように

思い出に酔うほど ウブじゃない

なにもかも捨てるほど ヤボじゃない

窓をうつような雨音のせいで まだ眠れないだけ

 

愛し合うたびに また傷つけ合い

残るのは むきだしの心だけ

なにも感じない女になれたら

ときめきと引き換えて かまわない

それなのに求めている そんな恋を ただの恋を

 

溶けだした氷をかきまぜ 意味もなく一人笑ったら

思うよりひどく部屋にひびくから また眠れなくなる

 

しあわせな日々も 不幸な時さえ

いつまでも そのままじゃいられない

夏の太陽が 冬に凍るように

終わらない恋なんて ありえない

それなのに求めている そんな夢を ただの夢を

 

一度でも口にしたら最後

二度とは忘れられないでしょう

愛されてもなお 苦しみは消えないと知ってても

 

愛し合うたびに また傷つけ合い

残るのは むきだしの心だけ

なにも感じない女になれたら

ときめきと引き換えて かまわない

それなのに求めている そんな恋を 

 

しあわせな日々も 不幸な時さえ

いつまでも そのままじゃいられない

夏の太陽が 冬に凍るように

終わらない恋なんて ありえない

 

 

愛し合うたびに また傷つけ合い

残るのは むきだしの心だけ

なにも感じない女になれたら

ときめきと引き換えて かまわない

それなのに求めている そんな恋を ただの恋を

RETURN TO
Hosting by WebRing.